月野ぽぽなさん(高36回)が、第63回角川俳句賞を受賞しました!

高36回で、ニューヨークにて俳人として活躍されている月野ぽぽなさん(木川実千代(旧姓:日野)さん)が、「人のかたち」(50句)で、第63回角川俳句賞を受賞されました。

第63回角川俳句賞の賞状を受け取る月野ぽぽなさん(高35回 木川実千代さん/旧姓:日野)
第63回角川俳句賞の賞状を受け取る月野ぽぽなさん(高36回 木川実千代さん/旧姓:日野)

角川俳句賞は「俳句界の芥川賞」ともいわれ、俳人の登竜門として知られる歴史ある賞のひとつです。

月野ぽぽなさんは、信州大学教育学部を卒業後、教師として教べんをとったのち、夫でピアニストの木川貴幸さんとともに渡米。
インターネットで俳句の世界を知り、平成14(2002)年より句作を始めたそうです。

戦後俳壇の中心的存在として著名な、金子兜太(かねこ・とうた)氏に師事すると、めきめきと頭角を現し、氏の主催する「海程」の平成20年海程新人賞を受賞。以後、現代俳句のさまざまな賞を受賞され、今回の受賞となりました。

月野ぽぽなさんの角川俳句賞受賞の様子や、受賞コメント、俳句をはじめたきっかけなども、次号の会報「いなきた」に掲載予定ですので、どうぞお楽しみに。

月野ぽぽなさんの「人のかたち」のなかから、選考委員の仁平勝さんが選評のなかで紹介していた句を3つ紹介しておきます。

水かけて家壊すなり橡の花

一匹の芋虫にぎやかにすすむ

息止めて聖夜の肉に刃を入れる

〜月野ぽぽな「人のかたち」より〜

 

2月3日(土)追記
※本名の表記が誤っておりました。大変失礼いたしました。

「人のかたち」で第63回角川俳句賞を受賞した月野ぽぽなさん(高35回 木川実千代さん/旧姓:日野)
「人のかたち」で第63回角川俳句賞を受賞した月野ぽぽなさん(高36回 木川実千代さん/旧姓:日野)

今年の伊那北関東会報は“カリスマ美容師の卵”と“日テレ・ベレーザのコーチ”が飾ります!

平成30年度の会報「いなきた」の編集作業が始まりました。

第24号の巻頭インタビューは、原宿の美容室「HEARTS」でカリスマ美容師の卵としてスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)と、

原宿の美容室「HEARTS」でスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)
原宿の美容室「HEARTS」でスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)

 

東京ヴェルディのユースコーチから今期、日テレ・ベレーザのコーチに就任する小笠原資暁さん(高54回)のお二人です。

東京ヴェルディのユースコーチから日テレ・ベレーザのコーチへ就任の決まった小笠原資暁さん(高54回)
東京ヴェルディのユースコーチから日テレ・ベレーザのコーチへ就任の決まった小笠原資暁さん(高54回)

今年もカラーでお届けしますので、どうぞお楽しみに。
発行・発送は5月末〜6月上旬の予定です。

なお、平成29年度の会費をまだ収めておられない方は、ぜひこの機会にお納めくださいませ。

会費の振込方法についてはこちらをご覧ください。
http://kantoinakita.com/kaihi