「次の大地震はいつ?どこで?」9月6日ミニ講演会開催のお知らせ

「我らが出身地:伊那地方は、日本列島最大の地溝帯である
『フォッサマグナ』と、その西端を南北に走る『糸魚川-静岡構造線』が『中央構造線』と交差する付近に位置しています。

伊那谷は、常に巨大な断層型地震の脅威にさらされている地域なのです。

今回、関東同窓会の企画委員は、数々の大地震を予知した“ あの村井先生”を口説き落とし、ミニ講演会の出演交渉に成功しました。

村井俊治先生。写真はJESEA地震科学探査機構のFacebookページより

長野県でも6月に木曽で震度5強の地震が起きたばかり。
村井先生に、次に来るであろう大地震についてお聞きし、
防災の備えを万全にしましょう。

 

●講演テーマ:「 地球の不整脈から地震を予知する!」
●講師: 村井 俊治 先生 (東京大学名誉教授、地震科学探査機構顧問)
●日時:平成29 年 9月6日(水)
18:00 ~ 受付開始
18:30 ~ 19:30  講演会
19:45 ~ 20:30  先生を囲んでの懇親会
●会場: アルカディア市ヶ谷(私学会館)
●会費: お1人 2,000 円(講演会後の簡単な懇親会費用として)

お申込は、このページの下にある申し込みフォームよりご登録ください。

■参加募集人員:50 名(予定)
■申込み期間: 平成29 年7月10日(月)〜 8月27日(日)

 

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。