共学化より71年。次世代の伊那北関東同窓会2.0は林真理子さんの記念講演で幕開け!

伊那北高等学校関東同窓会は、2019年に創立50周年を迎えます。
もともと男子校だったことから、1969(昭和45)年の創立当時、会員の多くは男性でした。
次第に女性会員が増えつつありますが、卒業時の男女比率と同様、今もまだ男性会員の方が多い状態です。

しかし、現在、長野県にある母校、伊那北高等学校の生徒は男女ほぼ同数。
つまり、今後の同窓会は、女性会員の動きやすい環境が必須です。

そこで、来年7月の創立50周年にあたる総会では、記念講演会を目玉にすえ、作家・エッセイストとして活躍される林真理子さんにご講演いただくことが決まりました。

作家・エッセイストとして活躍される林真理子さん。お写真は事務所より支給されたものです。※無断転載厳禁
作家・エッセイストとして活躍される林真理子さん。お写真は事務所より支給されたものです。※無断転載厳禁

林さんは『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞したほか、現在放映中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の著者。
関東同窓会としては、女性として、作家として、ふだん考えておられることや苦労されたこと。そして、様々な役割を担う女性たちへのアドバイスなど、広く女性の視点からご講演していただくよう依頼しましたところ、林さんよりご快諾いただきました。

もちろん、女性に限らず、男性にとっても非常に興味深く、また刺激的なお話を拝聴できることは間違いありません。

来年の7月13日(土)(13時00分開始予定)は、是非ご友人を誘ってご参加くださいませ。

なお、2019年の総会ならびに、林真理子さんの記念講演の内容につきましては、このホームページのほか、Twitter、Facebook、LINEなどのSNS、メールマガジンなどでも、適宜情報を更新していきたいと思います。

まずは、2019年の7月13日(土)のスケジュールを空けておいていただけますと幸いです。

 

【林真理子さんのプロフィール】

昭和29年(1954)4月1日 山梨県に生まれる。
昭和51年(1976)日本大学芸術学部文芸学科を卒業。
昭和57年(1982)エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』を出版。
昭和59年(1984)処女小説『星影のステラ』が直木賞候補に選出。
昭和60年(1985)『最終便に間に合えば』『京都まで』により第94回直木賞を受賞。
平成7年(1995)『白蓮れんれん』により第8回柴田錬三郎賞を受賞。
平成10年(1998)『みんなの秘密』により第32回吉川英治文学賞を受賞。
平成12年(2000)直木賞選考委員に就任。他、数々の文学賞の選考委員を務める。
平成23年(2011)レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受賞。
平成25年(2013)『アスクレピオスの愛人』により第20回島清恋愛文学賞を受賞

【著書】

林真理子さんの著書「マリコ、カンレキ!」(文春文庫)より
林真理子さんの著書「マリコ、カンレキ!」(文春文庫)より

『ミカドの淑女』『女文士』『不機嫌な果実』『着物をめぐる物語』『年下の女友だち』『anego』『アッコちゃんの時代』『ウーマンズ・アイランド』『RURIKO』『下流の宴』『本朝金瓶梅』『秘密のスイーツ』『六条御息所源氏がたり』『野心のすすめ』『正妻』『出好き、ネコ好き、私好き』『フェイバリット・ワン』『STORY OF UJI』『マイストーリー私の物語』『ビューティーキャンプ』『私のスポットライト』『中島ハルコはまだ懲りてない!』『美女は天下の回りもの』『不倫のオーラ』『我らがパラダイス』『西郷どん!』等。

日本が世界をリードする! 同窓生が成し遂げた「半導体のプロジェクトX」をミニ講演会で

(脳内ナレーション:森本レオ)
1996年、アメリカのアトランタで開かれたオリンピックは、サッカーの王者ブラジルを日本が破り、“マイアミの奇跡”として大いに湧いた。

その年、のちに日本が世界のトップに躍り出る分野に、伊那北高校の卒業生が関わろうとしていた。

彼の名は、恵下 隆(えした・たかし)。

富士通の社員だった。

日本は1990年、半導体の分野で世界の頂点にいた。
ところが、5割近いシェアはわずか10年で半分に。
研究開発力のあるアメリカや、中国をはじめとしたアジア諸国の伸びに押されていた。

再び、半導体の世界でトップに立つため、
彼らはまだ市場が未知数だった不揮発性メモリ「FeRAM」の量産化を決断。

富士通をはじめ、多くの企業や大学の研究者が1つのプロジェクトに集った。

これは、恵下の率いるチームが半導体の世界で再び頂点に輝くまでの物語である。

 

 

すみません。
つい出来心でやってしまいました。。。

 

しかし、内容はほぼ本当のことです。

高28回の恵下隆さん(和歌山大学産学連携イノベーションセンター URA/ 教授【※URA:University Research Administrator】(兼)富士通セミコンダクター株式会社 システムメモリーカンパニー シニアアドバイザー)の率いるチームが、FeRAMといわれる不揮発性メモリ、ようは電源がなくてもデータが保持できる高性能なメモリの開発、量産に成功。

FeRAMの世界で日本がトップに立つ足がかりをつくった、高28回の恵下隆さん
FeRAMの世界で日本がトップに立つ足がかりをつくった、高28回の恵下隆さん

この分野で先行していたアメリカを抜き、現在、世界市場のほとんどを日本企業の製造したメモリが占めています。

恵下さんはその功績によって、平成27年の春の紫綬褒章を受賞されました。

そこで、関東同窓会では、恵下さんを講師にお招きし、11月16日(金)にミニ講演会を開催することとなりました。

プロジェクトの秘話や、紫綬褒章の授賞式の様子、そして、これからの日本の電気産業がどうなっていくのかなど、わかりやすくかみ砕いてお話してくださるとのことです。

ミニ講演会の申し込みは、下記のフォーム、またはinfo@kantoinakita.com宛てにメールでお送りください。

知識を深める秋のいちおしイベントです。どうぞ皆さん、お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

●講演テーマ:「私たちが作った半導体メモリと日本の電気産業のゆくえ」
●講師: 恵下 隆 (えした たかし)先生
和歌山大学産学連携イノベーションセンター URA/ 教授【※URA:University Research Administrator】(兼)富士通セミコンダクター㈱ システムメモリーカンパニー シニアアドバイザー
●日時:平成30 年 11月16日(金)
18:00 ~ 受付開始
18:30 ~ 19:30  講演会
19:45 ~ 20:30  先生を囲んでの懇親会
●会場: アルカディア市ヶ谷(私学会館)
●会費: お1人 2,000 円(講演会後の簡単な懇親会パーティ費用として)
■申込み方法:伊那北高校関東同窓会のHP もしくは各年度の常任理事を通じて
■参加募集人員:50 名(予定)
■申込み締め切り: 平成30 年10 月31 日(水)まで

【NEDOのホームページに掲載されている、恵下さんの研究内容と成果】
評価技術の獲得により不揮発性メモリの信頼性を飛躍的に向上
富士通株式会社/富士通セミコンダクター株式会社
http://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201008fujitsu_semicon/index.html

今年も同窓生と一緒に楽しくゴルフを!、第4回親睦ゴルフ会@大宮ゴルフコース

今年も伊那北高等学校関東同窓会恒例のゴルフ会を開催いたします。

日付は2018年10月26日金曜日、場所は昨年同様、大宮ゴルフコースです。
下記にあります詳細をご覧いただきまして、どうぞ皆さまふるってご参加ください。

親睦ゴルフ会へのお申込は、このページの下記にあります、「第4回親睦ゴルフ会申込みフォーム」で受け付けております。

応募〆切は、準備の都合上、9月30日(日)夜11時までとさせていただきます。
また、応募者多数の場合は、先着順をもって締め切らさせていただく場合もございます。

なお、昨年のゴルフ会の様子は、平成30年度会報「いなきた」の第5面に掲載しています。
あわせてご覧くださいませ。
(昨年の結果/優勝:北原秀伸さん 高24回/準優勝:御子柴一彦さん 高36回)

■開催日時: 平成30年10月26日(金)
■コース:大宮ゴルフコース
〒362-0067 埼玉県上尾市中分6-40
TEL 048-771-2377
※JR高崎線「桶川駅・西口」よりクラブバスで5分
※車▶首都高速・与野から15Km/▶圏央道・桶川北本から5Km

■競技方法: 新ペリア (HC、年齢順)
■参加費: お1人 3,000 円(賞品代 他)
■プレー代: 約 13,000 円(昼食含む) ・・・ 各自で負担(電動カート、キャディなし)
■募集組数:10 組(予定) ・・・ 先着申し込み順
1名からでの参加もOK、もちろん同級・お仲間での参加も大歓迎!皆さま、奮ってご参加ください!!
■申込期間:平成30年7月10日(月)~平成30年9月30日(土)

その他、ご不明な点がございましたら、幹事の宮下幸春(高24回)ym0114k0412@yahoo.co.jp宛てに、メールをお送りくださいませ。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

伊那北高等学校関東同窓会 平成30年度 総会は7月14日(土)開催!今年もWEBからエントリー可!

本年度、平成30(2018)年度の総会は、下記の内容にて開催されます。
ページ下部には、専用の申込みフォームをご用意しましたので、ハガキの投函がご面倒な方や、ハガキを破棄、紛失してしまった方、転居などで会報がお手元に届かない方でも、お申し込みいただけます。

日時:2018年7月14日(土)午後13時30分〜18時
会場:アルカディア市ヶ谷 3階富士
JR地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩3分
住所:千代田区九段北4-2-25

会費:8,000円
※1高齢会員に対する総会会費免除は廃止されました。
※2別途、当年度当会年会費2,000円を受領します(すでに振込済みの方はその旨お申し出ください)
なお、旧制中学卒業の方と高1〜9回の方は、年会費不要です(別途賛助金へのご協力、よろしくお願いいたします)。

平成29年度総会の様子。議事や懇親会のほか、伊那北高校の現状をまとめた資料なども配付されます。
平成29年度総会の様子。議事や懇親会のほか、伊那北高校の現状をまとめた資料なども配付されます。

◎第1部 総会 <午後1時30分~2時予定>

◎第2部
講演会 <午後2時15分~3時15分予定>
「人工知能とビッグデータが創り出す驚異の未来」
講師:中山五輪男氏
(富士通株式会社常務理事グローバルマーケティング部門首席エバンジェリスト 高35回)

演奏会 <午後午後3時30分~4時予定>
演奏者
フルート:松浦美恵子氏(伊那市にてピアノ・フルート教室主宰 高35回)
ピアノ:君塚彰子氏(高35回)

◎第3部 懇親会 <午後4時15分~午後6時予定>
着席での飲食、同期あるいは部活単位のテーブル
伊那谷の物産抽選会、母校校歌・応援歌の合唱ほか
総会のお申し込みは以下の専用フォームよりどうぞ!

今年も部活テーブルでのエントリーを受け付けます。
応募条件は「4人以上集まること」です。
部活テーブル希望の方は、フォームの一番最後、
「ご要望・お問い合わせ」の欄に、「部活テーブル希望、●●部」とお書き添えください。
複数のメンバーでエントリーされる場合は、部員名とそれぞれの卒業回を書いておいていただけます
と、運営がスムーズになりますので、どうぞご協力くださいませ。
なお、卒業回については、当ホームページの「伊那北の先輩から「卒業回は?」と言われたときに役立つ早見表」でご確認いただけます。

 

月野ぽぽなさん(高36回)が、第63回角川俳句賞を受賞しました!

高36回で、ニューヨークにて俳人として活躍されている月野ぽぽなさん(木川実千代(旧姓:日野)さん)が、「人のかたち」(50句)で、第63回角川俳句賞を受賞されました。

第63回角川俳句賞の賞状を受け取る月野ぽぽなさん(高35回 木川実千代さん/旧姓:日野)
第63回角川俳句賞の賞状を受け取る月野ぽぽなさん(高36回 木川実千代さん/旧姓:日野)

角川俳句賞は「俳句界の芥川賞」ともいわれ、俳人の登竜門として知られる歴史ある賞のひとつです。

月野ぽぽなさんは、信州大学教育学部を卒業後、教師として教べんをとったのち、夫でピアニストの木川貴幸さんとともに渡米。
インターネットで俳句の世界を知り、平成14(2002)年より句作を始めたそうです。

戦後俳壇の中心的存在として著名な、金子兜太(かねこ・とうた)氏に師事すると、めきめきと頭角を現し、氏の主催する「海程」の平成20年海程新人賞を受賞。以後、現代俳句のさまざまな賞を受賞され、今回の受賞となりました。

月野ぽぽなさんの角川俳句賞受賞の様子や、受賞コメント、俳句をはじめたきっかけなども、次号の会報「いなきた」に掲載予定ですので、どうぞお楽しみに。

月野ぽぽなさんの「人のかたち」のなかから、選考委員の仁平勝さんが選評のなかで紹介していた句を3つ紹介しておきます。

水かけて家壊すなり橡の花

一匹の芋虫にぎやかにすすむ

息止めて聖夜の肉に刃を入れる

〜月野ぽぽな「人のかたち」より〜

 

2月3日(土)追記
※本名の表記が誤っておりました。大変失礼いたしました。

「人のかたち」で第63回角川俳句賞を受賞した月野ぽぽなさん(高35回 木川実千代さん/旧姓:日野)
「人のかたち」で第63回角川俳句賞を受賞した月野ぽぽなさん(高36回 木川実千代さん/旧姓:日野)

今年の伊那北関東会報は“カリスマ美容師の卵”と“日テレ・ベレーザのコーチ”が飾ります!

平成30年度の会報「いなきた」の編集作業が始まりました。

第24号の巻頭インタビューは、原宿の美容室「HEARTS」でカリスマ美容師の卵としてスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)と、

原宿の美容室「HEARTS」でスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)
原宿の美容室「HEARTS」でスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)

 

東京ヴェルディのユースコーチから今期、日テレ・ベレーザのコーチに就任する小笠原資暁さん(高54回)のお二人です。

東京ヴェルディのユースコーチから日テレ・ベレーザのコーチへ就任の決まった小笠原資暁さん(高54回)
東京ヴェルディのユースコーチから日テレ・ベレーザのコーチへ就任の決まった小笠原資暁さん(高54回)

今年もカラーでお届けしますので、どうぞお楽しみに。
発行・発送は5月末〜6月上旬の予定です。

なお、平成29年度の会費をまだ収めておられない方は、ぜひこの機会にお納めくださいませ。

会費の振込方法についてはこちらをご覧ください。
http://kantoinakita.com/kaihi

「次の大地震はいつ?どこで?」9月6日ミニ講演会開催のお知らせ

「我らが出身地:伊那地方は、日本列島最大の地溝帯である
『フォッサマグナ』と、その西端を南北に走る『糸魚川-静岡構造線』が『中央構造線』と交差する付近に位置しています。

伊那谷は、常に巨大な断層型地震の脅威にさらされている地域なのです。

今回、関東同窓会の企画委員は、数々の大地震を予知した“ あの村井先生”を口説き落とし、ミニ講演会の出演交渉に成功しました。

村井俊治先生。写真はJESEA地震科学探査機構のFacebookページより

長野県でも6月に木曽で震度5強の地震が起きたばかり。
村井先生に、次に来るであろう大地震についてお聞きし、
防災の備えを万全にしましょう。

 

●講演テーマ:「 地球の不整脈から地震を予知する!」
●講師: 村井 俊治 先生 (東京大学名誉教授、地震科学探査機構顧問)
●日時:平成29 年 9月6日(水)
18:00 ~ 受付開始
18:30 ~ 19:30  講演会
19:45 ~ 20:30  先生を囲んでの懇親会
●会場: アルカディア市ヶ谷(私学会館)
●会費: お1人 2,000 円(講演会後の簡単な懇親会費用として)

お申込は、このページの下にある申し込みフォームよりご登録ください。

■参加募集人員:50 名(予定)
■申込み期間: 平成29 年7月10日(月)〜 8月27日(日)

 

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

「同窓生と回るゴルフの秋!」第3回親睦ゴルフ会@大宮ゴルフコース

今年も伊那北高等学校関東同窓会恒例のゴルフ会を開催いたします。

日付は10月27日金曜日、場所は昨年同様、大宮ゴルフコースです。
下記にあります詳細をご覧いただきまして、どうぞ皆さまふるってご参加ください。

親睦ゴルフ会へのお申込は、このページの下記にあります、「第3回親睦ゴルフ会申込みフォーム」で受け付けております。

応募〆切は、準備の都合上、9月30日(土)夜11時までとさせていただきます。
また、応募者多数の場合は、先着順をもって締め切らさせていただく場合もございます。

なお、昨年のゴルフ会の様子は、平成29年度会報「いなきた」の第5面に掲載しています。
あわせてご覧くださいませ。
(昨年の結果/優勝:伊藤一雄さん 高15回/準優勝:大野田好紀さん 高20回)

昨年行われた第2回親睦ゴルフ会の様子(大宮ゴルフコースにて)

■開催日時: 平成29 年10月27日(金)
■コース:大宮ゴルフコース
〒362-0067 埼玉県上尾市中分6-40
TEL 048-771-2377
※JR高崎線「桶川駅・西口」よりクラブバスで5分
※車▶首都高速・与野から15Km/▶圏央道・桶川北本から5Km

■競技方法: 新ペリア (HC、年齢順)
■参加費: お1人 3,000 円(賞品代 他)
■プレー代: 約 13,000 円(昼食含む) ・・・ 各自で負担(電動カート、キャディなし)
■募集組数:10 組(予定) ・・・ 先着申し込み順
1名からでの参加もOK、もちろん同級・お仲間での参加も大歓迎!皆さま、奮ってご参加ください!!
■申込期間:平成29 年7月10日(月)~平成29 年9月30日(土)

その他、ご不明な点がございましたら、幹事の宮下幸春(高24回)ym0114k0412@yahoo.co.jp宛てに、メールをお送りくださいませ。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

伊那北高等学校関東同窓会 平成29年度 総会は7月8日(土)開催!WEBからのエントリーも可!

平成28年度の総会第1部の様子

本年度、平成29(2017)年度の総会は、下記の内容にて開催されます。
ページ下部には、専用の申込みフォームをご用意しましたので、ハガキの投函がご面倒な方や、すでにハガキを破棄、紛失してしまった方でも、お申し込みいただけます。
日時:2017年7月8日(土)午後12時〜18時
会場:アルカディア市ヶ谷 3階富士
※アルカディアに戻ってきました!
JR地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩3分
住所:千代田区九段北4-2-25


会費:8,000円
※1高齢会員に対する総会会費免除は廃止されました。
※2別途、当年度当会年会費2,000円を受領します(すでに振込済みの方はその旨お申し出ください)
なお、旧制中学卒業の方と高1〜8回の方は、年会費不要です。
◎第1部 総会 <午後1時30分~2時予定>

◎第2部
演奏会 <午後2時15分~2時45分予定>
演奏者 ピアノ 小沢さち氏(ピアニスト 高34回)

パネルディスカッション <午後3時~午後4時予定>
高34回同期の医師4名による「地域医療の現状について」
前澤毅氏(医療法人公仁会前澤病院理事長病院長)
唐澤幸彦氏(伊南行政組合昭和伊南総合病院外科診察部長兼救急センター長)
唐澤忠宏氏(JA長野厚生連富士見高原病院臨床検査部長内科診療部長)
平澤研一氏(医療法人社団松弘会三愛病院脳神経外科兼メディカルサポートクリニック院長)

◎第3部 懇親会 <午後4時15分~午後6時予定>
着席での飲食、同期あるいは部活単位のテーブル
大正琴演奏 メリーゴーラウンドのみなさん(琴伝流大正琴全国普及会所属グループ)
伊那谷の物産抽選会、母校校歌・応援歌の合唱ほか
総会のお申し込みは以下の専用フォームよりどうぞ!

 

今年も部活テーブルでのエントリーを受け付けます。
応募条件は「4人以上集まること」です。
部活テーブル希望の方は、フォームの一番最後、
「ご要望・お問い合わせ」の欄に、「部活テーブル希望、●●部」とお書き添えください。
複数のメンバーでエントリーされる場合は、部員名とそれぞれの卒業回を書いておいていただけます
と、運営がスムーズになりますので、どうぞご協力くださいませ。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

新緑もゆる京都で、関西伊那北高等学校同窓会主催のイベントが行われます!

今回は、関西伊那北高等学校同窓会よりお知らせいただいた、イベントのご紹介です。

関西在住の同窓生の皆さま、単身赴任で関西にお住まいの同窓生の皆さま、また、関西の大学へ進学された学生の皆さまなど、ぜひ、ご参加くださいとのこと。

もちろん、これを目当ての関西旅行も大歓迎です。

聴竹居の外観(撮影:古川泰造_竹中工務店)

6月3日(土)14時より、京都の大山崎にある「聴竹居(ちょうちくきょ)」にて、建物の見学会があります。

聴竹居は、元京大教授で建築家として活躍した藤井厚二氏が設計し、居住していた昭和3(1928)年築の建物です。

今から90年前の建物ですが、「日本の気候・風土にあった日本人の身体に適した住宅」をコンセプトに、現在主流となっているエコ住宅の先駆けともいえる木造建築になっています。

「日本の近代建築20選」にも選ばれ、2013年の6月には、天皇陛下も訪問されたそうです。

藤井氏が一時勤めていた縁から、竹中工務店がこの建物を取得し、管理保存されているのですが、なんと、その竹中工務店の社長は、伊那北の17回卒、宮下正裕さん。この催し物でも、宮下さんを東京からお招きして、講演をお願いするとのことです。

見学・講演会の後は、近くにある「ハーミットグリーンカフェ」にて、懇親交流会も開催されます。

関東からは少し離れていますが、土日の遠出で、新緑のもゆる大山崎でのイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

☆ちなみに、ふだん、聴竹居の見学は完全予約制です。今回は伊那北高等学校同窓生限定にて、見学会が実現しました。

聴竹居の室内。見学は完全予約制なのでなかなか入ることはできません。

詳細や、連絡先は以下をごらんください。

日時:2017年6月3日(土)
14:00~16:30(見学&講演)
17:00~19:00 (懇親交流会)
集合:14:00 JR京都線山崎駅出口前
(参考:大阪方面より13:49着・京都方面より13:53着があります)

見学・講演会会場:聴竹居(ちょうちくきょ)
http://www.chochikukyo.com
(JR山﨑駅より徒歩約10分)

懇親会会場:ハーミットグリーンカフェ
http://www.hermitgreencafe.com/

075-468-8737
JR山﨑駅より徒歩約5分、阪急大山崎駅のそば

【内容】
◎1部 聴竹居見学会
特別講演
竹中工務店 社長 宮下正裕 氏(高17回卒)
聴竹居についての説明及び見学
竹中工務店設計本部 松隈 章 氏

◎2部 イタリアンレストラン ハーミットグリーンカフェでの懇親交流会
同期会も兼ねて懇親交流会を行います
(竹中工務店 宮下社長も参加いたします)
会費:6,000円 (当日ご持参下さい)
聴竹居見学料 1,000円
懇親交流会費  5,000円(イタリア料理・飲み放題)
(懇親交流会のみの参加も歓迎いたします)

【参加申し込み】
聴竹居の収容人数(50人)と懇親会場の準備の都合上、定員になりしだい〆切させていただきます。
参加者氏名、連絡先(メールアドレス、電話等)をご記入の上、
世話人代表 加藤道彦 宛までご連絡ください。
(懇親交流会のみご参加の方はその旨記載下さい)

メール:iandi-associates@kcn.jp
Fax :0774‐46‐0957