月野ぽぽなさん(高36回)が、第63回角川俳句賞を受賞しました!

高36回で、ニューヨークにて俳人として活躍されている月野ぽぽなさん(木川実千代(旧姓:日野)さん)が、「人のかたち」(50句)で、第63回角川俳句賞を受賞されました。

第63回角川俳句賞の賞状を受け取る月野ぽぽなさん(高35回 木川実千代さん/旧姓:日野)
第63回角川俳句賞の賞状を受け取る月野ぽぽなさん(高36回 木川実千代さん/旧姓:日野)

角川俳句賞は「俳句界の芥川賞」ともいわれ、俳人の登竜門として知られる歴史ある賞のひとつです。

月野ぽぽなさんは、信州大学教育学部を卒業後、教師として教べんをとったのち、夫でピアニストの木川貴幸さんとともに渡米。
インターネットで俳句の世界を知り、平成14(2002)年より句作を始めたそうです。

戦後俳壇の中心的存在として著名な、金子兜太(かねこ・とうた)氏に師事すると、めきめきと頭角を現し、氏の主催する「海程」の平成20年海程新人賞を受賞。以後、現代俳句のさまざまな賞を受賞され、今回の受賞となりました。

月野ぽぽなさんの角川俳句賞受賞の様子や、受賞コメント、俳句をはじめたきっかけなども、次号の会報「いなきた」に掲載予定ですので、どうぞお楽しみに。

月野ぽぽなさんの「人のかたち」のなかから、選考委員の仁平勝さんが選評のなかで紹介していた句を3つ紹介しておきます。

水かけて家壊すなり橡の花

一匹の芋虫にぎやかにすすむ

息止めて聖夜の肉に刃を入れる

〜月野ぽぽな「人のかたち」より〜

 

2月3日(土)追記
※本名の表記が誤っておりました。大変失礼いたしました。

「人のかたち」で第63回角川俳句賞を受賞した月野ぽぽなさん(高35回 木川実千代さん/旧姓:日野)
「人のかたち」で第63回角川俳句賞を受賞した月野ぽぽなさん(高36回 木川実千代さん/旧姓:日野)
Share on FacebookTweet about this on Twitter

今年の伊那北関東会報は“カリスマ美容師の卵”と“日テレ・ベレーザのコーチ”が飾ります!

平成30年度の会報「いなきた」の編集作業が始まりました。

第24号の巻頭インタビューは、原宿の美容室「HEARTS」でカリスマ美容師の卵としてスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)と、

原宿の美容室「HEARTS」でスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)
原宿の美容室「HEARTS」でスタイリストを目指す、横前みちるさん(高65回)

 

東京ヴェルディのユースコーチから今期、日テレ・ベレーザのコーチに就任する小笠原資暁さん(高54回)のお二人です。

東京ヴェルディのユースコーチから日テレ・ベレーザのコーチへ就任の決まった小笠原資暁さん(高54回)
東京ヴェルディのユースコーチから日テレ・ベレーザのコーチへ就任の決まった小笠原資暁さん(高54回)

今年もカラーでお届けしますので、どうぞお楽しみに。
発行・発送は5月末〜6月上旬の予定です。

なお、平成29年度の会費をまだ収めておられない方は、ぜひこの機会にお納めくださいませ。

会費の振込方法についてはこちらをご覧ください。
http://kantoinakita.com/kaihi

Share on FacebookTweet about this on Twitter

「次の大地震はいつ?どこで?」9月6日ミニ講演会開催のお知らせ

「我らが出身地:伊那地方は、日本列島最大の地溝帯である
『フォッサマグナ』と、その西端を南北に走る『糸魚川-静岡構造線』が『中央構造線』と交差する付近に位置しています。

伊那谷は、常に巨大な断層型地震の脅威にさらされている地域なのです。

今回、関東同窓会の企画委員は、数々の大地震を予知した“ あの村井先生”を口説き落とし、ミニ講演会の出演交渉に成功しました。

村井俊治先生。写真はJESEA地震科学探査機構のFacebookページより

長野県でも6月に木曽で震度5強の地震が起きたばかり。
村井先生に、次に来るであろう大地震についてお聞きし、
防災の備えを万全にしましょう。

 

●講演テーマ:「 地球の不整脈から地震を予知する!」
●講師: 村井 俊治 先生 (東京大学名誉教授、地震科学探査機構顧問)
●日時:平成29 年 9月6日(水)
18:00 ~ 受付開始
18:30 ~ 19:30  講演会
19:45 ~ 20:30  先生を囲んでの懇親会
●会場: アルカディア市ヶ谷(私学会館)
●会費: お1人 2,000 円(講演会後の簡単な懇親会費用として)

お申込は、このページの下にある申し込みフォームよりご登録ください。

■参加募集人員:50 名(予定)
■申込み期間: 平成29 年7月10日(月)〜 8月27日(日)

 

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

「同窓生と回るゴルフの秋!」第3回親睦ゴルフ会@大宮ゴルフコース

今年も伊那北高等学校関東同窓会恒例のゴルフ会を開催いたします。

日付は10月27日金曜日、場所は昨年同様、大宮ゴルフコースです。
下記にあります詳細をご覧いただきまして、どうぞ皆さまふるってご参加ください。

親睦ゴルフ会へのお申込は、このページの下記にあります、「第3回親睦ゴルフ会申込みフォーム」で受け付けております。

応募〆切は、準備の都合上、9月30日(土)夜11時までとさせていただきます。
また、応募者多数の場合は、先着順をもって締め切らさせていただく場合もございます。

なお、昨年のゴルフ会の様子は、平成29年度会報「いなきた」の第5面に掲載しています。
あわせてご覧くださいませ。
(昨年の結果/優勝:伊藤一雄さん 高15回/準優勝:大野田好紀さん 高20回)

昨年行われた第2回親睦ゴルフ会の様子(大宮ゴルフコースにて)

■開催日時: 平成29 年10月27日(金)
■コース:大宮ゴルフコース
〒362-0067 埼玉県上尾市中分6-40
TEL 048-771-2377
※JR高崎線「桶川駅・西口」よりクラブバスで5分
※車▶首都高速・与野から15Km/▶圏央道・桶川北本から5Km

■競技方法: 新ペリア (HC、年齢順)
■参加費: お1人 3,000 円(賞品代 他)
■プレー代: 約 13,000 円(昼食含む) ・・・ 各自で負担(電動カート、キャディなし)
■募集組数:10 組(予定) ・・・ 先着申し込み順
1名からでの参加もOK、もちろん同級・お仲間での参加も大歓迎!皆さま、奮ってご参加ください!!
■申込期間:平成29 年7月10日(月)~平成29 年9月30日(土)

その他、ご不明な点がございましたら、幹事の宮下幸春(高24回)ym0114k0412@yahoo.co.jp宛てに、メールをお送りくださいませ。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

伊那北高等学校関東同窓会 平成29年度 総会は7月8日(土)開催!WEBからのエントリーも可!

平成28年度の総会第1部の様子

本年度、平成29(2017)年度の総会は、下記の内容にて開催されます。
ページ下部には、専用の申込みフォームをご用意しましたので、ハガキの投函がご面倒な方や、すでにハガキを破棄、紛失してしまった方でも、お申し込みいただけます。
日時:2017年7月8日(土)午後12時〜18時
会場:アルカディア市ヶ谷 3階富士
※アルカディアに戻ってきました!
JR地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩3分
住所:千代田区九段北4-2-25


会費:8,000円
※1高齢会員に対する総会会費免除は廃止されました。
※2別途、当年度当会年会費2,000円を受領します(すでに振込済みの方はその旨お申し出ください)
なお、旧制中学卒業の方と高1〜8回の方は、年会費不要です。
◎第1部 総会 <午後1時30分~2時予定>

◎第2部
演奏会 <午後2時15分~2時45分予定>
演奏者 ピアノ 小沢さち氏(ピアニスト 高34回)

パネルディスカッション <午後3時~午後4時予定>
高34回同期の医師4名による「地域医療の現状について」
前澤毅氏(医療法人公仁会前澤病院理事長病院長)
唐澤幸彦氏(伊南行政組合昭和伊南総合病院外科診察部長兼救急センター長)
唐澤忠宏氏(JA長野厚生連富士見高原病院臨床検査部長内科診療部長)
平澤研一氏(医療法人社団松弘会三愛病院脳神経外科兼メディカルサポートクリニック院長)

◎第3部 懇親会 <午後4時15分~午後6時予定>
着席での飲食、同期あるいは部活単位のテーブル
大正琴演奏 メリーゴーラウンドのみなさん(琴伝流大正琴全国普及会所属グループ)
伊那谷の物産抽選会、母校校歌・応援歌の合唱ほか
総会のお申し込みは以下の専用フォームよりどうぞ!

 

今年も部活テーブルでのエントリーを受け付けます。
応募条件は「4人以上集まること」です。
部活テーブル希望の方は、フォームの一番最後、
「ご要望・お問い合わせ」の欄に、「部活テーブル希望、●●部」とお書き添えください。
複数のメンバーでエントリーされる場合は、部員名とそれぞれの卒業回を書いておいていただけます
と、運営がスムーズになりますので、どうぞご協力くださいませ。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

新緑もゆる京都で、関西伊那北高等学校同窓会主催のイベントが行われます!

今回は、関西伊那北高等学校同窓会よりお知らせいただいた、イベントのご紹介です。

関西在住の同窓生の皆さま、単身赴任で関西にお住まいの同窓生の皆さま、また、関西の大学へ進学された学生の皆さまなど、ぜひ、ご参加くださいとのこと。

もちろん、これを目当ての関西旅行も大歓迎です。

聴竹居の外観(撮影:古川泰造_竹中工務店)

6月3日(土)14時より、京都の大山崎にある「聴竹居(ちょうちくきょ)」にて、建物の見学会があります。

聴竹居は、元京大教授で建築家として活躍した藤井厚二氏が設計し、居住していた昭和3(1928)年築の建物です。

今から90年前の建物ですが、「日本の気候・風土にあった日本人の身体に適した住宅」をコンセプトに、現在主流となっているエコ住宅の先駆けともいえる木造建築になっています。

「日本の近代建築20選」にも選ばれ、2013年の6月には、天皇陛下も訪問されたそうです。

藤井氏が一時勤めていた縁から、竹中工務店がこの建物を取得し、管理保存されているのですが、なんと、その竹中工務店の社長は、伊那北の17回卒、宮下正裕さん。この催し物でも、宮下さんを東京からお招きして、講演をお願いするとのことです。

見学・講演会の後は、近くにある「ハーミットグリーンカフェ」にて、懇親交流会も開催されます。

関東からは少し離れていますが、土日の遠出で、新緑のもゆる大山崎でのイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

☆ちなみに、ふだん、聴竹居の見学は完全予約制です。今回は伊那北高等学校同窓生限定にて、見学会が実現しました。

聴竹居の室内。見学は完全予約制なのでなかなか入ることはできません。

詳細や、連絡先は以下をごらんください。

日時:2017年6月3日(土)
14:00~16:30(見学&講演)
17:00~19:00 (懇親交流会)
集合:14:00 JR京都線山崎駅出口前
(参考:大阪方面より13:49着・京都方面より13:53着があります)

見学・講演会会場:聴竹居(ちょうちくきょ)
http://www.chochikukyo.com
(JR山﨑駅より徒歩約10分)

懇親会会場:ハーミットグリーンカフェ
http://www.hermitgreencafe.com/

075-468-8737
JR山﨑駅より徒歩約5分、阪急大山崎駅のそば

【内容】
◎1部 聴竹居見学会
特別講演
竹中工務店 社長 宮下正裕 氏(高17回卒)
聴竹居についての説明及び見学
竹中工務店設計本部 松隈 章 氏

◎2部 イタリアンレストラン ハーミットグリーンカフェでの懇親交流会
同期会も兼ねて懇親交流会を行います
(竹中工務店 宮下社長も参加いたします)
会費:6,000円 (当日ご持参下さい)
聴竹居見学料 1,000円
懇親交流会費  5,000円(イタリア料理・飲み放題)
(懇親交流会のみの参加も歓迎いたします)

【参加申し込み】
聴竹居の収容人数(50人)と懇親会場の準備の都合上、定員になりしだい〆切させていただきます。
参加者氏名、連絡先(メールアドレス、電話等)をご記入の上、
世話人代表 加藤道彦 宛までご連絡ください。
(懇親交流会のみご参加の方はその旨記載下さい)

メール:iandi-associates@kcn.jp
Fax :0774‐46‐0957

Share on FacebookTweet about this on Twitter

クラリネット奏者の橋爪恵一さん(高22回)のリサイタルが行われます

高22回で東京藝術大学卒業後、クラリネット奏者として活躍されている橋爪恵一さんのリサイタルが、4月15日(土)に長野県伊那文化会館、16日(日)に東京国分寺いずみホールにて行われます。

橋爪さんは1952年生まれ。伊那市出身で、伊那北では吹奏楽部でクラリネットを演奏。卒業後、東京藝術大学音楽学部器楽科にてクラリネットを学び、フリーのクラリネット奏者として活躍される一方、地元立川の芸術祭で音楽監督をつとめ、また、東京大学、亜細亜大学などで吹奏楽の指導にもあたられています。

平成2(1990)年に行われた、伊那北高校の創立70周年記念式典でも見事な演奏を披露してくださいました。

今回のリサイタルは、橋爪さんがクラリネットを吹き始めて50年の節目にあたることから、自身の音楽人生を振り返るとともに、東日本大震災以降続けている、復興支援活動をまじえた、音楽のひとときになるそうです。

プログラムには、今回のリサイタルのために、3人の気鋭の作曲家に作曲を依頼。

舞台衣装には、東北大震災で楽器支援から始まった縁でつながった、石巻の呉服屋さんの被災した着物をリメイクしたものを着られるそうです。

リサイタルは、長野、東京それぞれで行われますので、この機会に、一線で活躍される伊那北出身の音楽家の演奏に、耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

◉橋爪恵一クラリネットリサイタル Blackwood Clarinet Recital2017

【日時】

4月15日(土)15時〜 長野県伊那文化会館

4月16日(日)15時〜東京国分寺いずみホール

【料金】

前売り一般:3000円/学生:2000円(全席自由)

【チケットのお問い合わせ】

カーニバル・カンパニー

carnival@jcom.zaq.ne.jp

 

なお、橋爪さんは、津波で被災した着物でつくった衣装で演奏活動をしたり、着物の端切れで応援旗をつくり、震災の記憶を次の世代へ伝える活動もされているそうです。こちらは、奥様の橋爪えりこ(しおみえりこ)さんが主体となって活動されており、NHKワールドの番組にもなっています。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

高21回寺澤賢さんが品川区の広報番組を手がけています。

高校21回で映像制作の会社を経営されている寺澤賢さんが、品川区の紹介番組「しながわのチカラ」シリーズを担当されています。

寺澤さんの会社は「情熱大陸」など、民放キー局の番組も手がけておられ、品川区の映像もそのクオリティーで制作されています。

同窓生の方の中には、品川区民の方もおられると思います。

この広報番組はYouTubeにも掲載されていますので、ぜひご覧になってみてください。

※映像はたくさんありますので、3つほどご紹介します。その他の映像は、品川区公式チャンネル しながわネットTVでどうぞ。

「しながわのチ・カ・ラ 受け継いて 人形作りのこころ」

「しながわのチ・カ・ラ 品川ゆかりのアーティストたち-戦争体験とその作品-」

「しながわのチ・カ・ラ しながわ名誉区民物語 ~作曲家 小川寛興~」

Share on FacebookTweet about this on Twitter

伊那北高等学校関東同窓会 平成28年度 総会の内容とお申込みについて

本年度、平成28(2016)年度の総会は、下記の内容にて開催されます。
ページ下部には、専用の申込みフォームをご用意しましたので、ハガキの投函がご面倒な方や、すでにハガキを破棄、紛失してしまった方でも、お申し込みいただけます。

 

日時:2016年7月9日(土)12時15分〜17時30分 18時
※終了時間が違っていました。
会場:明海大学構内、レストラン「ニューマリンズ」
※今年は、例年と会場が異なります。
JR京葉線「新浦安駅」より徒歩15分。バス・タクシーで6分。
住所:千葉県浦安市明海1-2-1明海大学浦安キャンパス内

浦安キャンパスへのアクセスはこちら>>

 

会費:8,000円
※1高齢会員に対する総会会費免除は廃止されました。
※2別途、当年度当会年会費2,000円を受領します(すでに振込済みの方はその旨お申し出ください)
なお、旧制中学卒業の方と高1〜7回の方は、年会費不要です。

 

○第1部 総会 <12時15分〜12時50分予定>
議案1 平成27年度事業報告/収支決算/監査報告
議案2 平成28年度事業計画/予算案

○第2部 講演会・パネルディスカッション <13時〜15時予定>
1. 講演 講師 宮地正人(東京大学名誉教授・元国立歴史民俗博物館館長)
演題 「幕末維新と伊那の国学」

2. パネルディスカッション 宮地正人 × 岩下哲典(高33回・東洋大学文学部教授・明海大学非常勤講師)
タイトル 「幕末史を深掘りする」

○第3部 懇親会 <15時30分〜17時30分予定>
演奏:湯沢かよこさん(高56回・オーガニックソウルシンガー)

歓談の後、伊那谷ゆかりの景品抽選会、校歌・天竜河畔の合唱

 

総会のお申し込みは以下の専用フォームよりどうぞ!

 

【6/13追記】

今年も部活テーブルでのエントリーを受け付けます。
応募条件は「4人以上集まること」です。
部活テーブル希望の方は、フォームの一番最後、
「ご要望・お問い合わせ」の欄に、「部活テーブル希望、●●部」とお書き添えくだ
さい。
エントリー人数が確定している場合は、部員名と卒業回を書いておいていただけます
と、運営がスムーズになりますので、どうぞご協力くださいませ。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー )については、コチラをご覧ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

高遠出身、元東ティモール日本国大使、北原巌男さんの講演が決定しました!

今回は文化、教養の秋にふさわしい、ミニ講演会のお知らせです。

easttimor

皆さん、東ティモールと聞いて、何を思い浮かべますか?

「国連」「インドネシア」「PKO」「紛争」……。
ひょっとしたら、こんなキーワードを連想される人も多いかもしれません。

東ティモールは、日本からおよそ5000キロ離れ、2002年にインドネシアの占領から開放、独立(国際法上はポルトガルからの独立)した、21世紀初の独立国家です。

正式名を東ティモール民主共和国といい、国土は長野県とほぼ同じくらい。

独立して間もないながら、2011年の東日本大震災の際には、約50万ドル 約100万ドルの連帯義捐金を日本に寄付するなど、日本との関わりの深い国のひとつです。

(【訂正】義捐金について、詳細が間違っておりましたので、訂正いたします。当初東ティモール政府として、50万ドル+100名のサポートチームを派遣する予定だったところ、日本側の意向を踏まえ、サポートチームの派遣が取りやめになったことから、追加で50万ドル、合計100万ドルの義捐金になったとのことです。)

さて、今回のミニ講演会は、この東ティモールで、日本大使を務め、現在、一般社団法人 日本東ティモール協会の会長として、東ティモールの発展、日本との友好親善をライフワークにしている、北原巌男さんを講師にお招きすることとなりました。

北原さんは、上田高校の出身ですが、生まれは高遠です。

伊那市のふるさと大使としてもご活躍で、その縁もあり、高遠中学校での講演や、伊那市と東ティモールとの交流なども生まれています。

■参考資料
「高遠中学校での東ティモールについての講演」
(在東ティモール日本国大使館WEBサイトより)
http://www.timor-leste.emb-japan.go.jp/pr33.html

伊那市ふるさと大使「北原巌男」
http://www.city.ina.nagano.jp/smph/shinoshokai/ina_jinzaibank/gyosei/iwao_kitahara.html

一般社団法人 日本東ティモール協会
http://www.lorosae.org/index.html

ミニ講演会では、東ティモールの独立から現在、将来の展望や、伊那との関わりなどについて、お話していただく予定です。

【日時】平成27年 11月20日(金)18時30分~21時

【会場】アルカディア市ヶ谷 7階「妙高」

【会費】2,000円(ビュッフェ形式の懇親会あり)

【テーマ】「東ティモール NOW」

【講師】元在東ティモール日本国大使 北原巌男 氏

【講師略歴】
1947年 高遠町 生まれ。警察官の父親の転勤に伴い飯田・辰野・松本・上田に転居
1965年 上田高校卒業
1972年 中央大学法学部卒業後、防衛庁(現防衛省)入庁。在カナダ大使館1等書記官、那覇防衛施設局長、防衛庁運用局長、管理局長、官房長、防衛施設庁長官等を経て
2007年 退官
2008年 ~ 2011年まで 在東ティモール日本大使
2012年 「日中国民交流友好年」実行委員会 事務局長
2013年 一般社団法人 日本東ティモール協会 会長 就任

ミニ講演会のお申込は、以下の専用フォームよりどうぞ!

※申込み締め切りは、11月16日(月)を予定しています。
※ただし、締め切り前に定員に達した場合は、申込みを終了しますのでご了承ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter